求人票作成サポート」カテゴリーアーカイブ

介護施設の職員採用で何を重視するか?

こんばんは。社会保険労務士の小川です。夜はまだ若干肌寒いですね。4月後半になりましたが、寒さの揺れ戻しはあるのでしょうか?

さて、どこの施設でも採用に苦慮している介護業界ですが、あなたの施設では従業員採用は順調に進んでおりますでしょうか?

「そんなわけないよ…」という声が聞こえてきそうです。

人数合わせのために、「この人はちょっと…」という人を採用しているというパターンもあるようですね。

ただ、ちょっと待って下さい!

「この人はちょっと…」という直感は大体の場合、当たるということはありませんか?

やる気がない、仕事を覚えようとしない、我が強いなどなど。

その人を採用したおかげで、研修担当者の負担が増えた、同僚の仕事が却って増えた、これでは「人を採用しない方が良かった」ということになりかねませんよね。

折角人を採用するのなら、「長く働いて欲しい」「従業員にスキルアップして、将来、施設の戦力になって欲しい」というのはどの施設でも同じだと思います。

では、「どうしたら欲しい人材が採用出来るの?」という声が聞こえてきそうですね。

一つヒントを挙げてみましょう。

あなたの施設で長い期間、一番頑張っている、戦力となる従業員さんをイメージしてみて下さい。

その人の頼りになる点、評価している点をリストアップしてみましょう。

それを求人票に盛り込んでみるのです。

ヒアリングシート的なものを作って、その人の仕事に対する姿勢などを聞いてみるのも有効ですね。

その人が長く働いている理由はあなたの施設の魅力ということになりますし、その人の仕事への取り組み方はあなたの施設が求めている従業員像ということになります。

「どう求人票にまとめたら良いか分からない」という方は小川事務所までご相談して下さい。

ヒアリングシートのご提供から求人票作成まで一貫したサポートで「あなたの介護施設で欲しい人材が採用できる求人票」作成をサポートいきます。

お問い合わせはこちらからお願い致します。

 

 

派遣頼みの人材確保から脱却しませんか?

おはようございます。社会保険労務士の小川です。

今年も残すところ実質的にあと2週間になりましたね。週末には3連休も控えてますのでやるべきことの優先順位を付けてメリハリを意識して行きたいです。

さて、介護業界の慢性的な人材不足は大手、中小関係ないのが現状です。

人員基準を直雇用(常勤やパート、アルバイト)で満たすことの出来ない施設は派遣職員で充当しているケースは多いと思います。

しかしながら、常習的に派遣職員に依存することは以下のようなデメリットがあることを認識しておく必要があります。

・スタッフの質の担保が怪しい

派遣職員の中には確かに質の高い人もおられますが、中には「なんでこんな人を派遣してきたの?」と言うようなケースもありますよね。

低スキルの職員のフォローは常勤職員に押し付けられることになります。「人員不足のままの方がよほど良かった」という結果にもなりかねませんね。

・人件費のコストが高い

派遣職員の時給は常勤職員よりも高いなんてケースもあるようです。

しかも、これに派遣会社へのマージンが上乗せされるわけですからコストは馬鹿に出来ないですよね。

この内情を知ったら、常勤の職員さんの不満が高まり、モチベーションを下げることは言うまでもありません。

・長期的な視野での人材育成が出来ない

これが一番の問題かも知れません。

派遣職員に教育を施しても、いつかは辞めていく人材なわけです。

建設業のように繁閑の差が激しい業種とは異なり、介護のような需要が今後、恒常的に需要が増  大していく業種では若手の育成が急務だというのは異論がないと思います。

派遣職員のような流動的な人材に依存している状況は非常に危ういと思います。

派遣職員に頼る状況はゼロにするのは難しいにしても、直雇用の従業員さんを採用していく努力は怠ってはいけないということは認識していただけると嬉しいと思います。

小川事務所では応募する方の心を掴む求人票を作成する「求人票作成サポート」を行っています。お申し込みはこちらからお願い致します。

企業の助成金の悩みや、求人の悩みなどを解決する小川社労士事務所のメイン商品はこちら
2月15日東京新宿で開催!中小の介護施設さんの人材流出を止める!給料アップ以外での従業員さんが離れない施設の運営方法についてセミナーを開催します
助成金の相談に乗ったのに、たらいまわしにされただけで終わってしまった。そんなトラブル避けましょう!あなたに本当に役に立つ助成金を受け取れるサポートをさせていただいてます

 

「求人票作成サポート」のお客様と打ち合わせに行ってきました

社会保険労務士の小川です。

ワードプレスに移管し、初めてのブログ投稿になります。

勝手が分からない箇所が多々ありますが、有益な情報発信をしていきますのでよろしくお願い致します。

さて、昨日は求人票作成サポートのお客様からいただいたヒアリングシートを元に初回面談に伺ってきました。

ヒアリングシートですが、A4で4枚ほどの分量の記入をお願いしています。

求人票と言うと職種、業務内容、待遇などを簡略に書いたものが圧倒的に多いですが、これでは同業他社と差別化は出来ません。

ご記入頂いたヒアリングシートを元に第1稿を昨日はお持ちしましたが、お客様が「これ、すごく時間がかかりませんか?」と驚いておられました。

一件一件、小川が応募者に選んでもらえる求人票を完全オーダーメイドで作成しています。

なぜ完全オーダーメイドにこだわるかと言うと、もちろん同業他社と差別化をする為です。

どんな職場で働くことになるのか、また働くことでどのようなメリットを受けられるのかをイメージできるようにするかで求人票の説得力は格段に変わります。

事業主様の仕事への思い、従業員さんの声を可能な限り盛り込み、応募者の心を掴む求人票に仕上げます。

現在、この求人票作成サポートですが、モニター募集をしています。通常、15000円(税別)のところ、10000円(税別)になっています。

お申し込みはこちらからお願いいたします。