助成金の生きた使い方」カテゴリーアーカイブ

移動支援ロボットを利用して利用者様の転倒事故を防止してみませんか?

おはようございます。社会保険労務士の小川です。昨日から東京は悪天候が続いています。昨日も同業者様の出版物の校正のお手伝いを22時過ぎまでやっており、目の疲れが半端ありません…。

さて、介護施設でよくありがちな利用者様の転倒事故、職員様が最新の注意を払っていたとしても怒ってしまい、賠償命令が出た事例もあるようです。

そこまで大事にならないとしても、それでなくとも他の業務で手一杯なのに事故報告書を作成しなければならない職員さんはもちろん、施設長さんも他の利用者から施設の安全への信頼が揺らぎかねないことに頭を悩まされているのではないでしょうか?

ただ、限られた職員数で施設を回さなければならない状況で、有効な解決策はなかなか見つからないというのが正直なところかと思います。

そんな人手不足の介護施設に強い見方がこれです。

 

これは歩行アシストロボットです。使用者の状態を機器センサーで把握し、歩行を制御することで転倒防止を可能にしています。

「この人は転倒しそうだから、歩行リハビリは避けた方が良さそうだ」と思っていた利用者さんにも安心して歩いてもらううことが可能になりますよね。

何よりも、職員さんの「転倒するかも知れない…」という精神的な緊張感を減らして上げることができ、職員さんが余裕をもって業務を進めることが出来るという点が大きいと思います。

また、利用者さんの家族からも「この施設に預けて安心だ」という信頼を勝ち得ることも出来ます。

「確かにそうだよね…。でもこのロボットいくらするのさ…。うちの施設にこんな高価なものを購入するゆとりはないんだよね」と思われた施設長さん…。

今、国や自治体は介護施設の人員不足を解消するために、介護ロボットの導入を積極的に後押ししています。

介護ロボットは今、厚生労働省や経済産業省、そして自治体からの様々な助成金や補助金の支給対象になっています

とは言え、それぞれの助成金、補助金には予算の限りがありますから、枠を使い切ってしまったら終了してしまうんです。

どんな介護ロボットを導入したらいくら、助成金や補助金が出るのかという具体的なお話はご相談いただけたら丁寧にご説明いたします。

介護ロボットを利用して、利用者のケアの質の向上、職員さんの負担の低減を実現し、「利用者から選ばれる介護施設」を作りたいという介護施設の施設長さん、ご相談をお待ちしております。

お問い合わせはこちらからお願いします。

介護ロボットを導入して入所者の安全管理に取り組んでみませんか?

おはようございます。社会保険労務士の小川です。昨日は土曜日でしたが知り合いの同業者様のお仕事の手伝いで21過ぎまで作業をしていました…。その後、ちょっと地元の行きつけの居酒屋さんで飲んでましたが、疲れているときは酔いの周りが早いですね…。参りました(苦笑)

さて、最近、介護施設での事故の報道が後を絶ちません。確かに、利用者様の家族からしたら、「大切な家族を信用して預けていたのに…」というやり場のない怒りが施設に向くのは無理からぬ面もあるかも知れません。

そうは言っても、施設の管理者様はじめ、職員の皆様は限られた人員で利用者様の安全を確保することの大変さは身をもって感じられていることと思います。特に夜勤帯のワンオペが常態化している小規模の施設さんにとっては上に挙げた事故は「明日は我が身」と感じておられるのではないでしょうか?

「そんなことは分かってるけど、募集しても全然人が集まらないんだよ!」という声が聞こえてきそうです。

そんな人手不足の施設こそ「介護ロボット」の導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

これはNTTデータさんが開発した「エルミーゴ」くんという名前のロボットです。入所者動きを遠隔で確認が出来、ケアの優先順位も判断し、職員のスマートフォンに通知してくれるという優れものだそうです。

こんなロボットがスケットでいてくれたら、夜勤の一人勤務の職員さんの負担も大きく軽減されるのではないかと思います。また利用者様の家族からも「きめ細かいケアをせいてくれる施設」として評価は大きく上がるでしょう。

利用者様や職員からの評価が高まれば、その紹介で、更に利用者や新たに働いてくれる職員が増えて、施設は成長していきます。その格好の手段が介護ロボットなんですね。

「便利なのは分かったけど、費用掛かるんだよね…」

今、国や自治体で介護施設の職員さんの待遇の改善はもちろん、ケアの質の向上に頑張っている施設を応援するために様々なことを実施しています。この介護ロボット導入支援もその一つなんですよ。介護ロボットの導入費用にも国や自治体から助成金や補助金が支給されるんです。

具体的にいくら貰えるかや手続きについてはご相談いただければ丁寧に説明致します。

お問い合わせはこちらからお願いします。

 

助成金申請に及び腰な介護施設の管理者様へ

おはようございます。社会保険労務士の小川です。なんか天気がはっきりしませんね。

今日は東京都行政書士会の5月登録の新入会員さんの登録式だそうで、シェアしている行政書士の西も出席するようです。社労士は登録申請時に所属会に書類提出をしただけで、気が付いたら登録されていたという状況でしたので、なんか羨ましいなと思ったりしております。

さて、助成金の申請が本年度から厳格化されたというニュースはお聞きになった方も多いことと思います。事実、申請時に提出書類の中では不正申請があった場合には事業主さんばかりでなく、提出代行をした社労士も処罰の対象になるということの同意署名欄があります。

「お金を貰えるのは嬉しいけど、面倒なことには巻き込まれたくないよ」

「色々新しい書類を作成したり、面倒なんですよね? それだったらいいわ!」

そういう声が聞こえてくる気がします。

これは「助成金受給」をゴールにするから出てくる問題なんですよね。

残念ながら、同業者や「助成金コンサルタント」と呼ばれる方の大部分がこの思考に陥ってしまっているのが現状です。

助成金は基本的には1回支給されたら終わりです。実際、次から次へと新しい従業員さんを雇用し助成金を申請している事業所さんもあるのも事実です。

これでは永続的な事業の成長は見込めませんよね。

助成金を足掛かりに従業員さんが働きやすい職場作りをし、従業員が辞めたくない魅力ある職場t栗をしていく。その結果、従業員のやる気がアップし、売り上げも上がり、新しい従業員さんを採用出来るようになった。こんな職場を作ることが小川事務所の助成金サポートの理念となっています。

助成金は受給が目的ではないです、助成金をいかに賢く使い、事業の成長に繋げていくかまで考えていきましょう。

先ずは、あなたの施設の悩みをじっくり聞かせて下さい。その為の解決策を一緒に考えていく中で、利用できる助成金をご提案させていただきたいと思います。

ご相談はこちらからお願いします。

 

 

介護施設で助成金申請する場合の注意点

おはようございます。社会保険労務士の小川です。昨日は風雨が強く、最寄りの駅に到着するまでにびしょびしょに濡れてしまいました…。風邪を引かないように注意しないといけませんね…。

さて、先日、ある介護施設の施設長さんからこんなご相談を受けました。

B施設長 「今まで従業員採用に使っていたキャリアアップ助成金だけど、平成31年度も運用は変わらないんだよね?」

小川 「そうですね…、基本的な点は変更ないのですが、一点だけ注意していただきたい点があります」

B施設長 「何ですか?」

小川 「正社員で募集をして、応募してきた方に『試用期間はアルバイト(パート)勤務でお願いできないかな?』と言った形で非正規雇用している従業員さんはいませんか?」

B施設長 「そういうケースはありますよ。社員採用して続くかどうか分からないしね…」

小川 「そのケースは平成31年からキャリアアップ助成金は受給できなくなるんですよ

B 「えー!そんなことホームページや申請書類に書いてあった?」

小川 「小さな文字で記載されてますからね。見落とす方も多いんでしょうね…」

小川 「同一名称の助成金でも支給額が増減したり、支給要件が厳格化されたりしてますから、注意が必要なんです。悪いことばかりではありませんよ。キャリアアップ助成金をはじめ、他の助成金も支給額が拡充されてますから、積極的に利用していきたいですね。」

B 「今年、うちの施設でどの助成金がもらえるか話を聞きたいんだけど」

小川 「資料をお持ちいたしますね」

助成金は予算の枠内で支給されるもので、枠がいっぱいになると年度途中でも受付を終了してしまいます。

国の助成金のほかに自治体独自の上乗せ助成金もありますから、小川事務所ではそれらも含め、ご申請いただけるお勧め助成金をご提案させていただいております。

「うちの施設ではどんな助成金が受け取れるのか先ずは話を聞きたい」という介護施設の事業主様、先ずはお問合せ下さい。

お問い合わせはこちらからお願いします。

残念!受け取れない。そうならないように、キャリアアップ助成金を受給したい方は、従業員さんを雇用する「前」にご相談下さいね

社会保険労務士の小川です。

今日は1週間に1回のビジネス交流会に出席のため17時20分の電車で都心に向かってます。寒さが身に染みますね…。

さて、最近他業種も含め助成金に関するご相談が増えております。

「キャリアアップ助成金を受給したいのですが」

キャリアアップ助成金の正社員化コースはパートやアルバイト、契約社員と言った非正規社員を正社員や無期待遇にすると支給されるものです。

お客様先に伺って、対象従業員の雇用契約書を確認すると、既に正社員で雇用してしまっているんですね。

正社員として雇用してしまうとキャリアアップ助成金は支給されません。

従業員を雇用する前にご相談いただければ適切なアドバイスが出来たのになと言う事例はいくつもあります。

初めは非正規待遇で働いてもらうのは雇用する側、される側双方にとってメリットなんです。

面接と言う短い時間では従業員さんのことをくわしく把握出来ませんよね。

逆に従業員さんの側もいきなり正社員で働くのは不安ではないのでしょうか?

非正規雇用の期間は言わば、 事業主さんとの「お見合い期間」として利用することが出来ます。

しかも、非正規雇用中も別な助成金を利用することが出来るのです。

従業員さんを採用する「前」にご相談して下さいね。

小川事務所では詳しいヒアリングを行い、受給可能な助成金を提案していきます。

お気軽にご相談くださいね。

小川事務所では「あなたの事業だけでなく、従業員も幸せにするための助成金サポート」を提供しています。ご相談はこちらから。

企業の助成金の悩みや、求人の悩みなどを解決する小川社労士事務所のメイン商品はこちら
2月15日東京新宿で開催!中小の介護施設さんの人材流出を止める!給料アップ以外での従業員さんが離れない施設の運営方法についてセミナーを開催します
助成金の相談に乗ったのに、たらいまわしにされただけで終わってしまった。そんなトラブル避けましょう!あなたに本当に役に立つ助成金を受け取れるサポートをさせていただいてます

 

 

助成金申請をコンサル会社に依頼するとこんなトラブルが‥

社会保険労務士の小川です。

連続投稿になります。

今週、助成金コンサルに依頼したお客様のトラブルを立て続けに直に耳にしたので注意喚起を致します。

助成金は確かに条件を満たしたら受給出来るのは確かですが、その条件をきちんと説明する能力を満たしておらず、結果としてお客様に新たな負担を強いることになる事例が散見されます。

(例1)労働保険、社会保険に未加入

そもそも労働保険に未加入だったという笑えない事例もあります。助成金は雇用保険料から出ているのですが…。

(例2)情報提供だけ

高いコンサル料を払って、申請は「社労士に依頼して下さい。社労士はご自身で探して下さい」。小川事務所は情報提供は無料で行なっております。

助成金申請は社会保険労務士のみに許された業務になります。このような業者に依頼することにより、助成金を受給するどころか、新たなトラブルに発展することのないようにしていただければと思います。

小川事務所ではお客様企業の状況を詳細にヒアリングし、受給可能な助成金をご提案しています。お気軽にご相談くださいね。

あなたの事業だけでなく、従業員も幸せにするための助成金サポートはこちら