介護施設での採用のミスマッチを解決する方法、知りたくありませんか?

おはようございます。社会保険労務士の小川です。

2月になりました。2月は「逃げる月」と言われますので計画的に業務をしていかないとと思っております。確定申告もありますしね。皆様のところは準備はいかがでしょうか?

さて、皆様の施設では人材採用はうまく行っておられますでしょうか?

管理職候補と思って採用してみたが、期待外れだった…。

よく聞く話です。

経験年数や前歴などペーパー上で分かることだけで採用するとこういうことが起こります。

経験年数が長いイコール、管理職として有能な人とは限りません。

また、大手の法人施設でリーダー業務をやっていた方があなたの施設で同じように即戦力になるかは未知数です。

あなたの施設で求めている職員像とはどんな方ですか?

今、働いてもらっている一番頼りになるスタッフを思い浮かべて、その人のコンピテンシー(行動特性)を分析してもらうと具体的なイメージが掴めると思いますよ。

2月15日のセミナーではあなたの施設で「こんな人を採用したい!」という採用方針を具体化してもらうワークも行なってもらう予定です。

•思ったような人が採用出来ない

•即戦力として経験者を採用したが、期待外れだった。退職してもらいたいのだが、方法に困っている。

こういう悩みを解決したい介護施設の施設長様のお越しを心よりお待ちしております。

お申し込みはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です