投稿者「ogawa-sr」のアーカイブ

入浴介助ロボットを導入して利用者さんと職員さんの不安を減らしませんか?

こんばんは。介護施設の運営サポーター、社会保険労務士の小川です。扇風機の風が非常に心地よいですね。夏風邪を引かないように注意しないといけないなと思っています。

さて、今日ご紹介させていただく介護ロボットはこちらになります。

入浴介助ロボットです。入浴介助は介護職員さんにとって肉体的にも大きな負担ですよね…。これが原因で腰を痛め、休職せざるを得なくなったというケースも多いと思います。

また、職員さんの数が少ない施設ですと、なかなか入浴の回数、時間も利用者さんの満足のいくものを提供するのは難しいのが現状ではないのでしょうか?

この入浴介助ロボットはそんな職員さん、利用者さん双方の抱えている不安を一気に解決することは夢ではないかも知れませんね。

「確かに入浴介助が楽になるのは分かるよ…。でもこの機器って百万以上するんじゃないの?うちにこんな機器を導入する余裕はないんだよ!」

こんな声が聞こえてきそうですね。

確かに導入には少なくない費用が掛かるのは事実です。でも、そのコストを打ち消して余りあるメリットがあると分かったらどうですか?

第一に前回もお話した通り、介護ロボット導入の資金調達の際には様々な低利の融資が受けられるばかりでなく、国や自治体から助成金や補助金を受けることが出来ます。

第二に介護ロボットを導入し、職員さんの負担が減れば、なかなか定着しなかった職員さんが安心して職場で働いてもらうことが出来ます。そして、従業員さんが一定数以上定着してくれると、更に助成金が貰えるんです!いわば、「一粒で二度美味しい」ということですね。また、腰痛で退職してしまった職員さんにも「安心して働いてもらえる環境が整ったから、うちに戻って来ない?」と自信を持って勧められるようになります。

第三に利用者さんに安心して入浴をしてもらうことが出来るようになり、事故も間違いなく減ります。入浴中の事故は介護施設では高い頻度で起こりますから、これは大きいですよね。

小川事務所では助成金申請はもちろんですが、提携している行政書士さんと介護ロボットの導入の際の融資や補助金申請を行うことも出来ますので、全国の介護施設からのご依頼にワンストップで対応出来る体制を整えています。

介護ロボットを導入し、介護施設のサービスの質の向上と職員さんの負担軽減を共に達成しませんか?

ご相談はこちらからお願いします。

「介護犬」aiboが職員のレクレーション軽減に役に立ちますよ!

おはようございます。介護施設の運営サポーター、社会保険労務士の小川です。昨日まで関東地方は天候不順が続いていましたが、今日は曇り空ですね。ただ、梅雨入り中ですから、折り畳み傘は手放せませんね…。

さて、ここ数日、様々な介護ロボットをご紹介させていただいていますが、今日はこれです。

どこかで見たことありませんか?

そうです…。ソニーさんの技術の結晶で一時期話題にを沸騰させた「aibo」くんです。

このaiboくんがソニー系列の介護施設に「入居」し、入所者さんのお世話をしていると言うですね。

介護施設の入所者さんでペット好きな方は意外に多いですよね。そうは言っても、介護施設でペットを飼うのは現実問題としてなかなか至難の技だと思います。

でも、このaiboくんなら導入へのハードルは意外に低そうですね。

上に挙げたソニー系列の介護施設ではaiboくんは「介護犬」として入所者さんのレクリエーション活動にも一役買っているそうです。

レクレーション活動はその必要性については異論はないとしても、計画から実行までの段取りなどは職員さんに大きな負担となっているのではないでしょうか?

それを察してくれる利用者さんもレクレーション活動を楽しんでくれてはいるものの、心のどこかで遠慮や申し訳なさをお持ちなこともあるのではないでしょうか?

そんなレクレーション活動の負担を減らしてくれる頼りになる一翼をaiboくんは担ってくれるのではないかと思ってます。

また、ペットは入所者様の認知症の予防・進行停止にもプラスな効果があることが実証されているようですので、その点でもプラスですよね。

他の介護ロボットに比べ、ペットロボットは導入費用のハードルも低いですので、この辺りから、介護ロボットを試験的に導入してみるというのも良いかも知れませんね。

介護ロボットの導入は国だけでなく地方公共団体も積極的に後押しをしており、様々な助成金、補助金などの様々なメリットを受けることが出来ます。

小川事務所では介護ロボットの導入をスムーズに進めていけるように、それぞれの施設の実情を把握し、最善の方法をご提案していきますよ。

各地域に提携している行政書士さんがおられますので、全国の介護施設のサポートを行うことが可能です。

「利用者、職員さんから支持される介護施設にしたい!」という施設長様からのご相談をお待ちしております。

ご相談はこちらからお願いします。

 

移動支援ロボットを利用して利用者様の転倒事故を防止してみませんか?

おはようございます。社会保険労務士の小川です。昨日から東京は悪天候が続いています。昨日も同業者様の出版物の校正のお手伝いを22時過ぎまでやっており、目の疲れが半端ありません…。

さて、介護施設でよくありがちな利用者様の転倒事故、職員様が最新の注意を払っていたとしても怒ってしまい、賠償命令が出た事例もあるようです。

そこまで大事にならないとしても、それでなくとも他の業務で手一杯なのに事故報告書を作成しなければならない職員さんはもちろん、施設長さんも他の利用者から施設の安全への信頼が揺らぎかねないことに頭を悩まされているのではないでしょうか?

ただ、限られた職員数で施設を回さなければならない状況で、有効な解決策はなかなか見つからないというのが正直なところかと思います。

そんな人手不足の介護施設に強い見方がこれです。

 

これは歩行アシストロボットです。使用者の状態を機器センサーで把握し、歩行を制御することで転倒防止を可能にしています。

「この人は転倒しそうだから、歩行リハビリは避けた方が良さそうだ」と思っていた利用者さんにも安心して歩いてもらううことが可能になりますよね。

何よりも、職員さんの「転倒するかも知れない…」という精神的な緊張感を減らして上げることができ、職員さんが余裕をもって業務を進めることが出来るという点が大きいと思います。

また、利用者さんの家族からも「この施設に預けて安心だ」という信頼を勝ち得ることも出来ます。

「確かにそうだよね…。でもこのロボットいくらするのさ…。うちの施設にこんな高価なものを購入するゆとりはないんだよね」と思われた施設長さん…。

今、国や自治体は介護施設の人員不足を解消するために、介護ロボットの導入を積極的に後押ししています。

介護ロボットは今、厚生労働省や経済産業省、そして自治体からの様々な助成金や補助金の支給対象になっています

とは言え、それぞれの助成金、補助金には予算の限りがありますから、枠を使い切ってしまったら終了してしまうんです。

どんな介護ロボットを導入したらいくら、助成金や補助金が出るのかという具体的なお話はご相談いただけたら丁寧にご説明いたします。

介護ロボットを利用して、利用者のケアの質の向上、職員さんの負担の低減を実現し、「利用者から選ばれる介護施設」を作りたいという介護施設の施設長さん、ご相談をお待ちしております。

お問い合わせはこちらからお願いします。

介護ロボットを導入して入所者の安全管理に取り組んでみませんか?

おはようございます。社会保険労務士の小川です。昨日は土曜日でしたが知り合いの同業者様のお仕事の手伝いで21過ぎまで作業をしていました…。その後、ちょっと地元の行きつけの居酒屋さんで飲んでましたが、疲れているときは酔いの周りが早いですね…。参りました(苦笑)

さて、最近、介護施設での事故の報道が後を絶ちません。確かに、利用者様の家族からしたら、「大切な家族を信用して預けていたのに…」というやり場のない怒りが施設に向くのは無理からぬ面もあるかも知れません。

そうは言っても、施設の管理者様はじめ、職員の皆様は限られた人員で利用者様の安全を確保することの大変さは身をもって感じられていることと思います。特に夜勤帯のワンオペが常態化している小規模の施設さんにとっては上に挙げた事故は「明日は我が身」と感じておられるのではないでしょうか?

「そんなことは分かってるけど、募集しても全然人が集まらないんだよ!」という声が聞こえてきそうです。

そんな人手不足の施設こそ「介護ロボット」の導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

これはNTTデータさんが開発した「エルミーゴ」くんという名前のロボットです。入所者動きを遠隔で確認が出来、ケアの優先順位も判断し、職員のスマートフォンに通知してくれるという優れものだそうです。

こんなロボットがスケットでいてくれたら、夜勤の一人勤務の職員さんの負担も大きく軽減されるのではないかと思います。また利用者様の家族からも「きめ細かいケアをせいてくれる施設」として評価は大きく上がるでしょう。

利用者様や職員からの評価が高まれば、その紹介で、更に利用者や新たに働いてくれる職員が増えて、施設は成長していきます。その格好の手段が介護ロボットなんですね。

「便利なのは分かったけど、費用掛かるんだよね…」

今、国や自治体で介護施設の職員さんの待遇の改善はもちろん、ケアの質の向上に頑張っている施設を応援するために様々なことを実施しています。この介護ロボット導入支援もその一つなんですよ。介護ロボットの導入費用にも国や自治体から助成金や補助金が支給されるんです。

具体的にいくら貰えるかや手続きについてはご相談いただければ丁寧に説明致します。

お問い合わせはこちらからお願いします。

 

従業員さんの頑張りを適切に評価する制度を作ると助成金が支給されますよ

こんにちは。社会保険労務士の小川です。激しい雨で靴もびしょびしょになってしまいました…。この雨の中、移動されている皆様は本当にお疲れ様です。

さて、昨日は従業員さんに長く働いてもらえる職場作りをするともらえる助成金について紹介させていただきました(まだ、ご覧になっていない方はこちら)。

昨日、ご紹介いただいた助成金は「お給料」を決定する仕組みをきちんと作るともらえるものでした。

ただ、お給料を支給する仕組みを整備しても、それを決定する元になる「従業員さん正しく評価する仕組み」が作られていなかったら「絵にかいた餅」になってしまいますよね。

皆様の施設でこんな例はありませんか?

どう見てもスキルがなく、従業員さんの人望も薄い人が長く働いているというだけで、管理職になった。

これでは頑張っている従業員さんは「長くこの施設で働きたい」という気持ちは萎えてしまいますよね。

従業員さんを正しく評価する制度を作り導入すると昨日ご紹介した助成金に加えて更に助成金が支給されるのです!

「従業員さんに長く働いてもらえる職場作りに取り組みたい」と思っておられる介護施設の施設長さんには是非受け取っていただきたいなと思っています。

もちろん、面倒な手続きはもちろん、評価制度を作り、実際に導入するところまでのサポートもしっかり行わせていただきますのでご安心くださいね。

詳しいお話をききたいという介護施設の施設長様、お問い合わせはこちらからお願いします。

介護職員さんのスキルアップを応援する助成金ありますよ

おはようございます。社会保険労務士の小川です。昨日は事務所シェアをしている行政書士の西さんがやっているyoutube配信に「声のみ」(?)出演をさせていただきました。youtube配信、私も先週から開始したのですが、カメラ目線がなかなか定まらずに慣れるまで時間が掛かりそうです。

さて、介護職員さんのスキルアップは施設を運営に責任を持つ施設長さんばかりでなく、従業員さんご自身にとっても、やる気を高める上で欠くことの出来ないものですよね。

ただ、そうは言うものの「必要なのは分かっているけれども費用や時間を割くことがなかなか難しくて…」という声が聞こえてきそうです。

実際、多くの職場では介護福祉士やケアマネージャーといった資格を取る費用や時間や費用はプライベートから出している職員さんが多いようです。

これらの費用を施設が出してくれたら従業員さんはどんなにか喜ぶことでしょう。

「やりたいのは山々だけどさ、そんなお金を出す余裕なんかうちの施設にはないんだよ!」という声が飛んできそうですね。

そんな介護施設の施設長さんを応援する助成金があるんです!

いくら貰えるか、どんな条件があるかなどの細かいお話はご相談いただければ丁寧に説明させていただきます。

介護職員さんが職場を選ぶ基準はもちろん、賃金や労働条件といったところもありますが、従業員さんのスキルアップが出来るということも重要なんですね。

例えば上に挙げた介護福祉士やケアマネージャーの資格取得などですと、施設内の有資格者の職員さんが講師となって研修を行ったりなどした場合にも助成金が支給されたりします。

従業員さんの職場への満足度も上がりますし、介護施設未経験で入ってくる応募者さんにとっても「この施設なら安心して長期間働いていけそうだ」と思ってもらえることは間違いないです。

小川事務所では助成金の申請、受給はもちろん、助成金を利用して施設の成長に繋げることまで視野に入れたアドバイスをさせていただいております

ご相談はこちらからお願いします。

介護施設で一緒で働く仲間を大事にする経営者さんのための助成金が発表されました

こんにちは。長く続けてくれる従業員さんを増やす社会保険労務士の小川です。本日のブログ2本目です。

今日は午前中からホームページの修正やブログ更新をしていますが、空調の効きが悪く湿気が溜まりますね。

さて、皆さんは「既にいる従業員さんが退職し、新しい従業員さんばかりの会社」と「長く続けてくれる従業員さんの多い会社」のどちらを目指していますか?

私は、どちらも大事だとは思いますが、やはり「長く続けてくれる従業員さんが多い会社」さんの方が、幸せに働いている経営者さんが多いなと思っています。

新しく入ってくる従業員さんにとっても長く勤務している従業員さんの存在というのは大きいんですよ。

だから、とにかく今いる従業員さんを幸せにしていけるような、そんな戦略をとってほしいなと思い、経営者さんに提案しているんですね。

ただ、そうは言っても実際問題、転職が多い介護業界。その原因の一つが、「賃金」や「人間関係」にあるのは、否定できないところではあるんですよね。

でも、よくよく従業員さんの話を聞くと、莫大な給与が欲しいと思っている人ってほとんどいなくって、頑張りを正当に評価してほしい!!という人の方が多いんです

ということは、やみくもに給料を上げるだけでは、これって満足度が満たされないので、辞めちゃう人が出てくるんです。

特別感とか、そういうのが欲しいわけなんでしょうね。

でも、特別感を出したいと思っても先立つものがなければ、どうにもならないというのも経営の苦しいところ。

介護施設は介護保険と利用者の施設利用料という限られた資源で運営をしていかなければならないので、従業員さんに割ける人件費も自ずと限りがあり、施設長様は日々、頭を悩まされているのではないでしょうか。

ただ、「頑張っている従業員さんに報いたい」という思いは皆様お持ちなことと思います。

そのような状況を踏まえて、従来からあった「助成金(じょせいきん)」がより使いやすいものになりました。

この助成金は大きく分けて3本立てで支給されます。が、説明すると難しい。だからいったんその話は、今回置いておいて、『離職率」つまり、やめる人を減らす工夫をしっかりするともらえる可能性のある援助が発表されたと思ってください。

いくらもらえるの?どうあったらもらえるの?というのは、私に直接聞いていただければ、説明に伺いますよ^^

賃金制度をしっかりと整備することで、いまいる従業員さんには「更に頑張ろう!」というモチベーションアップの手段となりますし、求職している応募者さんにとっては魅力的な職場として映ることは間違いありません。

ただ、これ注意してほしい点もあるんです

こういう援助って、いろんな条件があって、その条件が足りてないともらえなかったりしちゃうことも多いんです。だから、自分で判断せずに、私に相談してもらえると嬉しいなと思います。

もちろん、小川事務所では助成金の受給だけでなく、その後の有効な利用法まで踏まえたアドバイスをさせていただいておりますよ。

一緒に、みんなが働きやすい!利益の出る会社を作っていきましょうね。

ご相談はこちらからお願いします。

ストレスチェックを導入して従業員の定着を図りませんか?

こんにちは。社会保険労務士の小川です。昨日は事務所でストレスチェックを実施しておられるシステム会社の営業担当者様から説明を受けておりました。

渋谷にある事務所はToaru行政書士事務所との共同事務所という話は以前させていただいたかと思います。昨日も事務所で面談をさせていただいたのですが、事務所に貼ってあるこれをご覧になられ、

探偵業もやっておられるのですか?」と。

「まさか…、シェアしている行政書士が探偵登録もしましてね、彼、警視庁の元刑事なんですよ…。」

社労士事務所広しと言えども、探偵事務所(と言って良いのか?(笑) 本業は行政書士ですが)と同居している社労士事務所は日本でここだけだと思います。

さて、長くなりましたが、ここからが本題です。

ストレスチェック…労働安全衛生法で50人以上の従業員さんを雇用している介護施設ですと実施が義務付けられているのですが、皆様の施設で実施しておられるところはありますでしょうか?

「うちは従業員50人未満だから関係ないよ…」という介護施設の施設長さん、ちょっと待って下さい!

先日、介護施設にお邪魔した時も、「従業員さんのメンタルには気を遣っています」というお話をされていました。

利用者やその家族からの理不尽なセクハラやパワハラに遭うこともある介護業界、従業員ご本人が気付いている以上にメンタルの負荷が掛かっていることは充分に考えられることだと思います。

気が付いた時には、「従業員さんから鬱の診断書とともに休職の申し出があった」ということにならないためにも、「転ばぬ先の杖」としてストレスチェック制度の導入を検討してみるのは有効かもしれません。

また、従業員さんやこれから介護職として仕事を探していおられる方々にとってもストレスチェック制度があるということは「従業員さんの健康管理に積極的に目配りが出来ている施設」「福利厚生がしっかりしている施設」として評価が高まることは間違いありませんね。

しかも、現在、50人未満の施設でストレスチェック制度を導入すると助成金の支給対象ともなりますので、低コストで制度導入をするには良いタイミングだとも思います。

従業員さんの定着率を図りたいという介護施設の施設長様、一緒に解決策を見つけませんか?

ご相談はこちらからお願いします。

 

 

 

「渋谷介護サポートセンター」様にお伺いしてきました。

こんにちは。社会保険労務士の小川です。6月になりましたね…。梅雨入り前のつかの間の好天気といったところでしょうか?社労士会の支部移転手続きの書類をやっと提出し、事務所周りの手続きはほぼ一段落しました。

さて、先週末から事務所近辺の介護施設様にご挨拶周りをさせていただいております。先週金曜日は渋谷介護サポートセンターの事務長の服部様にお時間を作っていただきご挨拶させていただきました。

渋谷区内では設立20年という老舗の訪問介護施設で、服部様も都のケアマネ研修の講師を歴任されている大ベテランで、月に1回、区内の介護業界の方を招いて、勉強会を開催されておられるとのことでした。

職員さんの労働時間管理のお話も伺ったのですが、時間外が発生してしまった翌日の勤務は時差出勤にするなど、従業員さんの側に立った非常にきめ細やかな配慮をされているとのことで、非常に好感が持てました。

こういう施設さんにこそ、助成金を使って今以上に従業員さんにとって働きやすい職場作りをしてもらい、永続的な施設運営をしていただきたいなと思ったのは言うまでもありません。

訪問介護を行っていく上でのご苦労や悩みなど生の声も伺うことが出来、非常に良い仕入れが出来ました。

働き方改革や助成金の情報など、今後も定期的に情報交換をさせていただくことになりまして、毎月発行するニュースレターも置かせていただくことになりました。

服部様、お忙しいところお時間を作っていただきありがとうございました!

介護施設の従業員の採用、育成にお悩みの施設長様、ゆっくりお話を聞かせて下さい。お問い合わせはこちらからお願いします。

 

 

 

 

助成金申請に及び腰な介護施設の管理者様へ

おはようございます。社会保険労務士の小川です。なんか天気がはっきりしませんね。

今日は東京都行政書士会の5月登録の新入会員さんの登録式だそうで、シェアしている行政書士の西も出席するようです。社労士は登録申請時に所属会に書類提出をしただけで、気が付いたら登録されていたという状況でしたので、なんか羨ましいなと思ったりしております。

さて、助成金の申請が本年度から厳格化されたというニュースはお聞きになった方も多いことと思います。事実、申請時に提出書類の中では不正申請があった場合には事業主さんばかりでなく、提出代行をした社労士も処罰の対象になるということの同意署名欄があります。

「お金を貰えるのは嬉しいけど、面倒なことには巻き込まれたくないよ」

「色々新しい書類を作成したり、面倒なんですよね? それだったらいいわ!」

そういう声が聞こえてくる気がします。

これは「助成金受給」をゴールにするから出てくる問題なんですよね。

残念ながら、同業者や「助成金コンサルタント」と呼ばれる方の大部分がこの思考に陥ってしまっているのが現状です。

助成金は基本的には1回支給されたら終わりです。実際、次から次へと新しい従業員さんを雇用し助成金を申請している事業所さんもあるのも事実です。

これでは永続的な事業の成長は見込めませんよね。

助成金を足掛かりに従業員さんが働きやすい職場作りをし、従業員が辞めたくない魅力ある職場t栗をしていく。その結果、従業員のやる気がアップし、売り上げも上がり、新しい従業員さんを採用出来るようになった。こんな職場を作ることが小川事務所の助成金サポートの理念となっています。

助成金は受給が目的ではないです、助成金をいかに賢く使い、事業の成長に繋げていくかまで考えていきましょう。

先ずは、あなたの施設の悩みをじっくり聞かせて下さい。その為の解決策を一緒に考えていく中で、利用できる助成金をご提案させていただきたいと思います。

ご相談はこちらからお願いします。