従業員さんの頑張りを適切に評価する制度を作ると助成金が支給されますよ

こんにちは。社会保険労務士の小川です。激しい雨で靴もびしょびしょになってしまいました…。この雨の中、移動されている皆様は本当にお疲れ様です。

さて、昨日は従業員さんに長く働いてもらえる職場作りをするともらえる助成金について紹介させていただきました(まだ、ご覧になっていない方はこちら)。

昨日、ご紹介いただいた助成金は「お給料」を決定する仕組みをきちんと作るともらえるものでした。

ただ、お給料を支給する仕組みを整備しても、それを決定する元になる「従業員さん正しく評価する仕組み」が作られていなかったら「絵にかいた餅」になってしまいますよね。

皆様の施設でこんな例はありませんか?

どう見てもスキルがなく、従業員さんの人望も薄い人が長く働いているというだけで、管理職になった。

これでは頑張っている従業員さんは「長くこの施設で働きたい」という気持ちは萎えてしまいますよね。

従業員さんを正しく評価する制度を作り導入すると昨日ご紹介した助成金に加えて更に助成金が支給されるのです!

「従業員さんに長く働いてもらえる職場作りに取り組みたい」と思っておられる介護施設の施設長さんには是非受け取っていただきたいなと思っています。

もちろん、面倒な手続きはもちろん、評価制度を作り、実際に導入するところまでのサポートもしっかり行わせていただきますのでご安心くださいね。

詳しいお話をききたいという介護施設の施設長様、お問い合わせはこちらからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です