従業員さんと利用者の双方の満足度のバランスが鍵です!

あけましておめでとうございます。社会保険労務士の小川です。

本年も有益な情報を発信していきたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。

年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか?

世間は正月休みでしたが、介護職の方々の大部分は業務で忙殺されておられたと思います。本当に頭が下がります。

施設長様にははご出勤されたら、「ありがとう」「お疲れ様」というねぎらいの一言を掛けていただけると幸いです。

昨年12月から年始にかけて大量退職者続出による利用者死亡や施設閉鎖、特別養護老人ホームの破産など介護業界の暗いニュースを度々目にしました。

ハコものをいくら充実させても、そこで働く従業員さんの満足度を維持できない施設は淘汰されていくということを改めて痛感させられました。

もちろん、利用者の満足度向上も大切です。

しかし、そのためにそこで働く従業員さんに過重な負担を強いていては安定した経営は成り立ちません。

今年4月から始まる有給5日取得義務化、残業規制、そして下半期に始まる勤続10年以上の介護福祉士への処遇改善増額で職員さんの業界内の移動も始まるのは間違いありません。

「気が付いてみたら、こんなに従業員が退職していた。どうしよう…」となる前に対策を打ちましょう。

従業員の定着にご不安を感じておられる介護施設の事業主様のご相談、承ります。お問い合わせはこちらからお願いします。

企業の助成金の悩みや、求人の悩みなどを解決する小川社労士事務所のメイン商品はこちら
2月15日東京新宿で開催!中小の介護施設さんの人材流出を止める!給料アップ以外での従業員さんが離れない施設の運営方法についてセミナーを開催します
助成金の相談に乗ったのに、たらいまわしにされただけで終わってしまった。そんなトラブル避けましょう!あなたに本当に役に立つ助成金を受け取れるサポートをさせていただいてます

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました