介護施設の従業員さんが安心して働ける職場を維持できていますか?

おはようございます。社会保険労務士の小川です。

今日から業務も本格的に始動というところも多いのでしょうか?

さて、12月末から年始に掛けて介護施設の経営破綻や閉鎖というニュースを立て続けに耳にしました。

また、利用者が職員の首を絞め、殺人未遂で逮捕されるという衝撃的なニュースもありました。

介護職員さん絡みのSNSではこの話題でもちきりでしたが、被害者の服装に対する批判が多く上がっていました。

自分も介護施設での勤務時にパーカー着用がNGということは知らなかったので大変驚きました。

ただ、利用者さんからの暴力やセクハラと言ったことは程度の大小はあれ、他の施設でもあるようです。

施設長さんや管理者には利用者と同じようにそこで働く従業員さんが安全に就労出来る職場環境を保持する責任があります。

加害者である利用者が責任を取れない場合、施設の管理者が責任を負わなければなりません。

皆様の職場ではリスク管理規定はありますか?

過去にどのような事例があったかを従業員さんから出し合ってもらい、利用者から理不尽な行動があった時にどのような対応をすべきかを職場で話し合ってみるのも良いですね。

従業員さんに定着してもらえる職場作りにお悩みの介護施設の施設長様、ご相談はこちらからお待ちしております。

企業の助成金の悩みや、求人の悩みなどを解決する小川社労士事務所のメイン商品はこちら
2月15日東京新宿で開催!中小の介護施設さんの人材流出を止める!給料アップ以外での従業員さんが離れない施設の運営方法についてセミナーを開催します
助成金の相談に乗ったのに、たらいまわしにされただけで終わってしまった。そんなトラブル避けましょう!あなたに本当に役に立つ助成金を受け取れるサポートをさせていただいてます

コメント

タイトルとURLをコピーしました