「渋谷介護サポートセンター」様にお伺いしてきました。

こんにちは。社会保険労務士の小川です。6月になりましたね…。梅雨入り前のつかの間の好天気といったところでしょうか?社労士会の支部移転手続きの書類をやっと提出し、事務所周りの手続きはほぼ一段落しました。

さて、先週末から事務所近辺の介護施設様にご挨拶周りをさせていただいております。先週金曜日は渋谷介護サポートセンターの事務長の服部様にお時間を作っていただきご挨拶させていただきました。

渋谷区内では設立20年という老舗の訪問介護施設で、服部様も都のケアマネ研修の講師を歴任されている大ベテランで、月に1回、区内の介護業界の方を招いて、勉強会を開催されておられるとのことでした。

職員さんの労働時間管理のお話も伺ったのですが、時間外が発生してしまった翌日の勤務は時差出勤にするなど、従業員さんの側に立った非常にきめ細やかな配慮をされているとのことで、非常に好感が持てました。

こういう施設さんにこそ、助成金を使って今以上に従業員さんにとって働きやすい職場作りをしてもらい、永続的な施設運営をしていただきたいなと思ったのは言うまでもありません。

訪問介護を行っていく上でのご苦労や悩みなど生の声も伺うことが出来、非常に良い仕入れが出来ました。

働き方改革や助成金の情報など、今後も定期的に情報交換をさせていただくことになりまして、毎月発行するニュースレターも置かせていただくことになりました。

服部様、お忙しいところお時間を作っていただきありがとうございました!

介護施設の従業員の採用、育成にお悩みの施設長様、ゆっくりお話を聞かせて下さい。お問い合わせはこちらからお願いします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です