未分類」カテゴリーアーカイブ

レクリエーションが介護職員さんへの負担になっていませんか?

こんにちは。社会保険労務士の小川です。

10連休も本日含め、あと3日ですね。と言っても本日もご出勤されておられる職員さんも多数おられるはずです。

管理者の方はもちろん、お休みされている方は次回、出勤された時に労いの言葉を忘れないようにしましょうね。その何気ない一言の有無が人間関係の良し悪しに地味に影響してきますよ。

さて、本日は介護施設のレクレーション行事について触れていきたいと思います。

先日こんなご相談がありました。ある時の私と施設の相談者さんからの相談です。

D施設長「おがわさん。最近、レクレーション業務が負担になっているという声が職員から上がってるんだよね。」

小川「レクリエーションですか?」

D「そうなんだよ。レクレーション」

小川「確かにレクレーションはサービスの業務ですからね」

D「ただ、利用者の心身の維持、職員や他の利用者さんとのコミュニケーション維持には有効なんだよね。だからやめられなくって」

小川「とは言え、それが負担になって、職員さんのストレスになっているようだと問題ですよね。」

D「そうなんだよ。それで悩んでて・・・。小川さんいいアイディアないかい?」

小川「まずなんですが、レクレーションを開催するのが目的と化してませんか?」

D「うーん、毎月1回開催することにはしているけど…」

小川「思い切って、開催しないという月を作ってはどうでしょうか?」

D「え?それはさすがに」

小川「例えば今月などは連休続きでシフト人員もぎりぎりですよね?この連休中は利用者さんのご家族も来所される方も多いのでは?」

D「たしかに多いね」

小川「ご家族との対話も立派なレクレーションの一環ですよ。今月などは『開催しない』というのでも良いと思いますよ」

D「うーん。なるほど」

小川「もうひとつ、レクレーションって担当者の方を決められているのですか?」

D施設長「そうですね。レクレーション係というのを決めて担当してもらってますね。」

小川 「担当固定制にしてしまうと、得てしてその方に全部丸投げとなってしまい、負担が一手に掛かってしまいますよね。」

D「うん。確かにそうなってるかも」

小川「ローテーションにするとか、細かな業務は分散させるとかした方が良いですね。また、利用者さんからどんなことをやって欲しいのか聞いた上で、会議でその中から職員さんに負担のかからないものを選んで決定するのが良いと思いますよ。

D施設長 「分かりました。ちょっとだけやってみるよ」

小川「また試しながら、微調整を一緒にやって行きましょうね」

レクレーションだけでなく地域住民さんとの共催の行事などもあると思いますが、特定の職員さんだけに負担が行き、時間外労働や自宅に準備作業を持ち帰っていたなどということのないようにしたいですね。

時間外労働の削減目標を策定し、目標達成をすると、助成金が支給される可能性がありますよ。

給料を上げることはすぐには難しい介護施設でも時間外労働の削減など、職員さんの働きやすい職場環境の実現であれば、取り組むことの出来る課題は必ず発見し、解決することは可能です。

「働き方改革という言葉は聞いてはいるが、実際何から取り組んだら良いか分からないよ」という介護施設の施設長様、小川事務所までご相談ください。

お問い合わせはこちらからお願いします。

助成金を使ってあなたの介護施設をどう変えたいですか?

おはようございます。社会保険労務士の小川です。いよいよ「令和」が始まりましたね。あいにくの天気が続いてますので、自分は11月に迫った資格試験の勉強や資料の作成などをしています。

さて、平成31年というか、令和元年の助成金の受付が始まっています。助成金と言うと、とかく「うちの施設ではいくら貰えるのか?」という質問が飛んできそうですが、ちょっと待って下さい!

受け取った助成金であなたの施設をどう変えたいですか?

この質問の答えがはっきりしないうちは、正直、助成金を仮に受給出来たとしても、あなたの施設の成長には結びつかないでしょう。

施設長さんご自身が分からないようでしたら、職員さんにヒアリングをしてみるのも良いですね。

必ず何か改善すべき点があるはずです。

例えば…「時間外を減らしたい」「スキルアップをしたい」「人間関係に悩んでいる」などなど。

そこから優先順位の高いものをリストアップしていきましょう。

「いくら貰えるか?」を前面に押し出している同業者さんが多いですが、それでは助成金という一時的なお金を使い切ってしまったら成長は止まってしまうと思っています。

「施設の問題点を一緒に模索し、助成金を用いて改善をしてみたい」と考えている介護施設の施設長さんの力に小川事務所はなりたいと考えています。

「今のままではまずいのは分かっているのだが、何から手を付けたら良いのか分からない」と考えている介護施設の施設長様のご相談を心よりお待ち申し上げております。

お問い合わせはこちらからお願いします。

 

 

 

介護施設で会議時間を削減すると助成金が貰えるかも知れませんよ

おはようございます。社会保険労務士の小川です。世間は10連休に入りましたが天気予報通り、天気ははっきりしませんね。自分もこの連休中はなかなか取り掛かれない助成金の提案資料や今年11月の行政書士試験の勉強を出来るだけ進めたいなと思っております。

さて、表題の件ですが、あなたの施設でも会議の開催をしていると思います。

こんな質問を介護施設の施設長さんとの話の一幕です。

小川「この従業員さん、夜勤明けの時間外が多いのですが、何をしておられるのですか?」

C施設長 「この時間はリーダー会議、フロアリーダー会議、全体会議ですね」

出来れば、業務時間「内」で開催するのが理想ですが、なかなかそうは行きませんよね。24時間稼働している施設ですとなおさらだと思います。

夜勤明け、または早番勤務や遅番勤務の方のシフト前後で時間外または公休の方に休出してもらい開催しているケースもあるようです。

そこで会議を行う際に気を付けたい点について触れていきます。

1 全体会議は出席義務を課さない

こんな会議中、こんな職員さんいませんか?

ぼーっとして間がうつろになっている職員さん(内心は「勤務でくったくたなのに時間外で会議かよ…やってられない」)

スマホにやたらと目がいく職員さん(見ているのはスマホの時刻表示、「いつになったら終わるのかな…)

施設などの場合、24時間稼働していますから、いつ開催しても、誰かしらの時間外労働が発生しますよね。それでも出席を強制している施設もあるようです。しかし、参加している職員さんの内実はこんなことかも知れません。

体だけで心ここにあらずの状況で会議をしても実のある議論など出来ませんよね。

現在はスマホなどで動画撮影も簡単に出来る時代です。

例えば、会議を動画撮影し、それを後日、参加できなかった従業員さんに視聴してもらい、追加意見を上げてもらうというのは一つの方法だと思います。

また、時間外または休出した従業員さんに会議に参加してもらった場合、その時間は賃金支払いが必要ですので注意が必要です。

2 会議の出席対象者、議事は厳選する

ありませんか?いつになっても終わりが見えず長時間になっている会議。

原因は「会議を開催することが目的となっている」からです。話し合いをして欲しい事項は何か、それを話し合うためにはだれに出席して欲しいかが明確になれば議事事項、出席者は明確化するはずです。

会議時間、出席者数を減らすことにより時間外労働を減らすことにより、助成金が最大200万円支給される可能性があります。

「うちの施設は支給対象なのか、確認をしたい」という介護施設の施設長様、小川事務所までご相談下さいね。

お問い合わせはこちらからお願いします。

介護施設での従業員さんのマイカー通勤の注意点

こんばんは、社会保険労務士の小川です。自宅へ帰る途中でこの記事を書いております。ノートパソコンを電車の中で打つのも久しぶりです。

さて、事業主のA施設長さんからこんなご相談を受けました。

「最近、自動車事故が頻発しているけど、うちの施設でも自動車通勤している職員がいるんだよね。何か対策が必要なのかな…」

小川:「基本的には鉄道通勤が可能な範囲に住んでいる従業員でしたら、自動車通勤は禁止にしていただくことをお勧めしますね…」

A施設長 「何でですか?」

小川 「使用者責任という言葉をご存知ですか? 社有車で通勤目的で自動車通勤中に人身事故を起こした場合に、事業主も責任を問われる可能性があるんですよ。」

A施設長 「え?そうなんですか。それは困ったなあ。でも、その従業員の最寄り駅は鉄道の便が悪く、うちの施設では頑張ってくれているから社有車で自動車通勤を認めてあげたいんだよね…」

小川 「それであれば、任意保険の加入は必ずして下さい。また、休日に社有車の使用は一切禁止すること、そして自動車通勤許可申請は必ず出してもらって下さいね

A施設長 「分かりました…」

自動車通勤している従業員さんがおられる場合にはマイカー通勤規定などを整備されることを強くお勧めします。

「どのような規定の整備が必要か分からない!」という施設長様は小川事務所までご相談して下さいね。

お問い合わせはこちらからお願いします。

 

介護施設のシフト作成ではここに注意しましょう

こんにちは。社会保険労務士の小川です。

今週末から世間では13連休に入ります。5月のシフト作成で施設長様をはじめ、リーダーさんなどの管理職の方々も頭を悩まされているのではないかと思います。

デイケアサービスは別として、特養を始めとする施設サービスの事業主様におかれましては5月のシフト作成に頭を悩ませているのではないかと思います。

こんな不満はあなたの施設でありませんか?

「リーダーやフロアリーダー、特定の職員だけ希望休が通っているのに自分は希望が全然通っていない。不公平だ!」

リーダーさんが作成していたシフトが恣意的で、職員さんから不満が噴出し、施設長自らシフトを作成している施設もあるようですね。

シフトの作成はどの職員さんから見ても透明にというのは難しいかも知れませんが、不満がなるべく残らないようにしたいものです。

GWはどの職員さんも「まとまった休みが取りたい」という希望を持っておられると思います。ただ、実際はなかなか難しいのが現実だと思います。

そこで、シフトを作成する場合の留意点について触れていきたいと思います。

①何日まで希望休を認めるか?

日勤帯、夜間帯、夜勤帯にそれぞれ何人最低人員の配置が必要か?それに対して、配置可能な従業員さんが何名いるのかを計算した上で、何日まで希望休の申請が可能かを計算することが必要です。もちろん、有給申請を各月に何名まで入れ込むことが可能かも確認しましょう。

②従業員さんのシフト交換制度を設ける

「希望休をだしたが通らなかった。でもこの日はどうしても都合が付かない!」このような問題は必ず発生すると思います。その場合に従業員間のシフト交換制度を設けておくのは有効です。先ずは従業員間でシフト調整をしてもらうことはシフト作成をする管理職の負担軽減に繋がりますね。但し、シフト交換をした場合にはシフト作成担当者への報告は必ず義務付けるようにしましょう。各職員のスキル、職員間の相性の良し悪しなどはシフト作成担当者でないと調整出来ない点を考慮した上で交換の許可を出すためにもこの規定は必ず必要です。

③どうしても調整が付かない場合にほかの従業員さんに出勤をお願いする

急遽、欠勤が生じた、どうしてもシフト調整が付かない場合に出勤をお願いする場面は必ずあります。シフト調整を快諾したスタッフに対し、次月のシフト作成の際に希望休数を増やしてあげる、賞与などの査定の際に考慮するなどは一つの方法でしょう。

お願いしやすい人に恒常的に依頼するというのは避けましょう。なかなか難しいと思うのですが、従業員さんへの協力に報いるという事業主さんの姿勢は必ず従業員さんに伝わります。

最後に…

シフト作成は事業主、管理職の部下への指示そのものであるという意識を持つことは重要です。

恣意的なシフト作成をしていないか事業主さんは定期的にチェックをすることを忘れないでくださいね。

小川事務所では介護施設の従業員さんが働きやすい職場作りのお手伝いをしています。お問合せはこちらからお願いします。

あなたの介護施設で従業員さんの副業規定はどうされていますか?

おはようございます。社会保険労務士の小川です。今日は暖かいですね。今週末からはいよいよ10連休です。長期連休中は何があるか分かりませんね。準備は万全にしておきたいですね。

さて、先週末は今後、行政書士開業される方々とオフ会、そして昨日は1日、シェアパートナーの行政書士とコンサルさんの1日セミナーを受講しておりました。8時間近く授業を受講するのは学生時代以来で疲労感が半端ないです。(笑)

やはり、特定技能ビザが開始したことにより、入管をやりたいという行政書士さんが多いようですね。介護の人材コンサルを行っている自分としても特定技能ビザについては今後の動向を注視しているところでしたので、有益な情報を仕入れることが出来ました。

これから行政書士として開業される方の中には副業行政書士として業務を行っていく方もおられるようです。

ここ数年、日本でも副業に対する目がだいぶ肯定的になってきたと感じるのは自分だけでしょうか?

副業については就業規則で可否を規定することになってます。

あなたの施設では職員さんの副業は認められれいますか?

就業規則で副業が禁止されているとしても、実際にその違反で従業員を懲戒する場面ではその既定の合理性の有無が問われることになります。

例えば…

同業や性風俗関係の業種は副業としては認めるのは適切でないとは思います。

しかし、それ以外の業種では兼業禁止規定違反で懲戒というのは現実問題、厳しいといのが正直なところです。

ただ、大前提として本業で生活出来るような賃金を支払い、働き甲斐のある職場環境を提供していくのが本来あるべき姿ということは忘れたくないなとは思っています。

また、時間外労働や休日労働の規定は副業と通算した労働時間で捉えますので、従業員さんのメンタルヘルスの観点からも労働時間の管理はしっかりやっていきたいものです。

うちの施設の職員さんから『副業したい』と申し出があったが就業規則の規定の整備がされていない」という介護施設の施設長さん、ご相談してくださいね

 

介護施設の新人職員の研修で留意したいポイントはこれです

こんにちは。社会保険労務士の小川です。寒暖の差が激しく、体調管理が難しいですよね…。今日は自宅で雑務をして過ごそうかなと思っています。

さて、あなたの介護施設に限りませんが、新人職員さんが入ってこられて早2週間が経ちました。研修は順調に進んでおられますでしょうか?

介護施設ではリーダー、フロアリーダーまたは入職後一定の経験を積まれた職員さんが「教育係」としてOJTを担当されることが多かろうと思います。今日はOJTを行っていく場合の注意点について触れていこうと思います。

研修計画は必ず立てましょう

こんな人いませんか?一定期間経過しているのに、独り立ち出来ず、誰か人の目がないと安心して仕事を任せられない人です。これは本人の仕事への意欲がないということもあるかも知れません。しかし、満足な研修を受けることが出来なかったという場合も少なからずあるのです。いつまでに独り立ちしてもらうかはきちんと先に決めてしまいましょう。そこが決まれば、研修日数が何日あるかが分かり、この日に何を習得させたいかという研修計画表を作成出来るはずです。もちろん、研修を受講する受講生の習得具合で微調整はあり得ますから、予備日は作っておきましょう。

この日に何を習得してもらいたいかは新人職員に伝える

経験者ならまだしも、未経験の新人さんは何をしたら良いのか、それをどのようにしたら良いのかは当然分かりません。この日の研修で何を習得させたいかはきちんと新人職員さんに伝えましょう。言わば目標の共有ですね。研修担当者の基本動作を見てもらい、その後、新人さんにやってもらうことが多いと思いますが、各基本動作の勘所(ここを押さえればうまく行く)は必ず伝えましょう。1回でうまく出来ない新人さんに「この前も教えただろ」「何度同じことを言わせれば気が済むんだ」などの言葉は禁句です。研修担当者が変わった場合、前の担当者の指示通りに業務をしたら叱られたなどという事例も聞いてます。既存職員さんの意思の統一は必要不可欠です。

研修日報はきちんと作成しましょう

同じ方が毎回、研修を担当出来るのでしたらまだしも、リーダーさんやフロアリーダーさんは通常の管理職としての業務もあります。他の職員さんに研修をお願いする場面は必ず出てくるはずです。お願いされた側も「今日はこの人の指導をお願いね」とだけで任されたのでは右往左往してしまいます。この日の研修内容が何か、習得度はどの程度であったか、次回の出勤日に新人さんに何をマスターして欲しいのかは引継ぎする職員さんに分かるように日報に記入しましょう

折角あなたの施設に入ってこられた新人職員さんが気持ち良く、長く働いてもらうための一番最初のハードルが研修です。全ての職員さんの協力で定着していただければと思います。

小川事務所では介護施設の職員さんの研修計画の立案のアドバイス、研修に使える助成金の申請代行を行っています。

「従業員さんのスキルアップに繋がる研修をして安定した職場作りをしたい」という介護施設の事業主様、お問い合わせはこちらからお願いします。

小川事務所は2019年4月17日より渋谷区道玄坂に移転致します。

こんにちは。社会保険労務士の小川です。まだ、寒暖の差が激しいですが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、小川事務所は4月17日より渋谷区道玄坂に移転します。

風営、各種許可申請を行っている西さんが運営するToaru行政書士事務所と共同事務所となります。

きっかけは、自分が今年行政書士試験を目指しており、ある行政書士試験のコミュニティで西さんと知り合ったのがきっかけです。

事務所シェアを出来る方を彼が探しているということを聞き、「これはチャンスかもしれない」ということが決断の切っ掛けです。

西さんは元警視庁の刑事経験があるという異色な経歴の持ち主です。風営申請やセクハラ、パワハラといった民事法務にも遺憾なく本領を発揮していただけるのではないかと思っております。

今月に入り、社労士会への支部移転や名刺の作り直しなどめまぐるしく動いております。

今日は業務用&持ち出し用ノートPCの設定をしております。

やっとPC周りが終了しましたので、31年度の助成金申請に関する提案資料の作成に入れます。

事務所はこんな感じです。

渋谷ハチ公前から徒歩5分以内という至近の場所にありますので、お近くにお立ち寄りのご予定がある際にはぜひご連絡ください。

「助成金申請をしたいがどんな助成金があるか、わからない」とお悩みの事業主様、ご相談をお待ちしております。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

介護施設の事業主様、助成金申請を依頼する相手は慎重に選んで下さいね

おはようございます。社会保険労務士の小川です。朝から雨で冷え込みがましていますね…。自分も含め、花粉症持ちにとっては「恵みの雨」かもしれませんが。

さて、2月も今日で終わりです。今年度もあと一月をひと月を残すばかりとなりました。

新年度に向けて、人事異動や新規採用などの準備は順調に進められておられますでしょうか?

人の採用や新たに管理職に登用された従業員さんの研修などに是非利用したいのが助成金です。

助成金は厚労省の支給しているものだけでもゆうに数十種類あります。

私のところにもお客様の依頼は勿論、コンサルタント会社と呼ばれるところからも「提携しませんか?」というご連絡が来たりします。

皆様の施設にもこのようなコンサルタント会社から「助成金の申請を代行しますよ」という営業が来られたケースは多いのではないのでしょうか?

ちょっと待ってください。

助成金の代行申請が出来るのは我々社会保険労務士だけということをご存知ですか?

要はそのようなコンサルタントに依頼しても実際に申請するのは彼らが抱えている提携社労士なわけですね。

現在、このようなコンサルタントによる助成金の不正請求が後を絶たず、年を経るごとに助成金の申請要件や支給までの審査時間は長期化しています。

現在、厚労省で意見公募手続をしている助成金の不正申請をした者の罰則では申請をした事業主ばかりでなく、提携した社労士も不正が発覚すると、5年間は当該社労士が提出した他の事業主の助成金申請も不受理とするという方針が明らかにされています。

このようなコンサルタントに依頼して助成金が不支給になっても彼らは全く責任は取ってくれません。

また、直に社労士に依頼するよりも割高だという事実も見逃せませんね。

小川事務所では各介護施設一つ一つの実情を丁寧にヒアリングし、受給可能な助成金を診断するばかりでなく、受給した助成金で職場をどう改善していくかまで見据えたご提案をさせていただきます。

助成金は受給が目的ではありません。助成金を利用してより良い職場作りをし、事業が成長した結果、新たな従業員を採用、育成するために新たな助成金を申請する。そうした循環の潤滑油として助成金は利用していただきたいと思っています。

あなたの施設で「人」に関するお悩みはありませんか?その解決のコストを助成金で低減出来る可能性があります。

「どんな助成金をうちの施設では受給出来るか先ずは知りたい」という介護施設の施設長様、初期相談は無料です。お問合せはこちらからお願いします。

介護施設は利益を上げてはいけないという呪縛から解放されませんか?

こんばんは。社会保険労務士の小川です。

温かくなり、花粉症持ちの方には厳しい季節が本格化しますね。と言っている自分もここ数年花粉には苦しめらrています。今年は肌荒れですね。

さて、もうすぐ3月です。新年度が始まるまで1ヶ月少々となりましたが、働き方改革への対応などは進んでおられますでしょうか?

介護施設の運営をしておられる経営者の悩みは尽きないと思いますが、その上位のうちの一つは「収益の維持が難しい」という問題だと思います。

昨年から今年にかけて、従業員の大量離職に伴う施設の閉鎖が相次いでいます。

その中には社会福祉法人のような今までは考えられなかったところまで含まれるようになりました。

国による措置時代とは違い、介護保険制度になってからは、保険料収入と利用料だけで施設の運営をしていかなければなりません。

施設運営をされている施設長様はじめ、管理者層の皆様は日々、施設の中長期的な運営計画や従業員採用、利用者獲得への営業など様々な課題に奔走されており、本当に頭が下がる思いです。

その中でも自分は「ヒト」に関する課題解決のお手伝いをさせていただいているわけですが、介護業界で働いておられる方々とやり取りをしていると、改めて「利用者に対する思い」の深さに気付かされます。

「あれをやってあげたら、利用者が喜ぶのではないか…」その発想は非常に良いと思います。

でも、ちょっと待って下さい!

そのサービスは見合う料金の範囲内のものですか?

訪問介護などでペットの世話や家事手伝いなども介護職員がやっているなどの話も耳にします。

その時間を次の利用者様に割くことにより、職員さんの労働時間は削減することが出来ます。

どうしても、これらのサービスをやって欲しい利用者さんには別サービスである旨を伝え、料金がかかることを説明する勇気が必要だと思います。

これからの介護施設の経営安定化の鍵は徹底的な業務の見直しと保険外サービスの充実だと思っています。

そういう視点では他業種のスキルを持った方を採用するということも視野に入ってきますね。

社会福祉法人に代表されるような、「介護施設は利益を上げてはいけない」という時代はとうに終わっています。

利益を出すことは利用者ばかりでなく、そこで働く従業員さんの生活も安定化させ、必ず施設にとってプラスになります。

「何から手をつけたら分からない」という施設長様、まずはゆっくりお悩みをお聞かせ下さい。

お問い合わせはこちらからお願いします。